スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -
忍たまツアー2014夏 in愛媛〜しまなみ海道 その四


乱太郎印の愛媛野菜。
JA愛媛が売り出している、パッケージに乱太郎の絵が印刷されている野菜です。
前々から存在だけは知っていたのですが出会ったことがなく
愛媛に行けばきっと買えるはず!と思って、
行動予定にJAの直売所を組み込んでまで探したのですが、売ってなかった・・!
他にも見かけるスーパー全てに立ち寄ってもみましたが、
結局旅行中に見つけることはできませんでした・・・無念

愛媛は地元だから、「愛媛野菜」と銘打ってキャラクター使って宣伝する必要はない
だから他県の方が売ってる確率は高い
でも関東だと遠すぎて入ってこない
愛媛近隣の県、四国や関西地方の方が手に入りやすいかもしれない!

という結論に落ち着きました。

今月(2014年10月)尼崎旅行が控えているので、
スーパーみつけたら突撃してみます。


 


卯之町から松山に戻り、乱太郎野菜を探しまわるも見つからず
宿へたどり着いた私たちはその部屋の煙草くささに絶望しました。
連休中で、安いプランだったから喫煙室は覚悟の上だったのですが・・・
夕飯買い出しついでにファブリーズを購入。
(本当は芳香剤欲しかったんだけどなかった)
部屋中に撒き散らしましたがあまり効果はありませんでした・・・
諦めて、PSPに入れて持ってきた忍たま映画(96年版)を観ながら夕飯を食べました。
夏の忍たまツアーには忍たま映画が欠かせない!

煙草の匂いを気にしながら就寝・・・あんま眠れなかった
この睡眠不足が軟弱ペンギンに後々悲劇をもたらすのである(フラグたてたて)

二日目も良い天気でした!



松山市内を走る路面電車〜
古い車両は内装が木でできてて良い雰囲気でした。
ブレーキ音は強烈。

松山駅から今治まで電車で参ります。



楽しいね!

そして今治駅からバスで大島へ渡りました。



2回くらい乗換えがあって、
周りなんにもないところに降り立ったりもして不安になりましたが、
無事最初の目的地に到着しました。



村上水軍博物館!
博物館の外装が当時の海賊の軍船、「安宅船」を模して作られています。



そして海ー!!
真ん中あたりにいる船は「小早」といってこれも海賊が使っていた船
小早船のレース大会の開催日が近かったので、その練習をしてたのかな・・・?



これが小早船。

博物館内には尼子先生のサインが飾られていました。

も、もちろん水軍のお勉強もしてきたよ!
当時の水軍は、「海賊」とはいっても略奪などを生業としていたわけではなく
例えば商船が悪いやつに襲われたりしないように、船に乗り合わせて用心棒として働いたり
(警護料は高かったらしい、商船の品物の何割かをいただくとかそんな感じ
だから人の物を略奪して生活してたというイメージがあるのかも)
海に関所をもうけて通行料を取ったり余所者が入ってくるのを防いで海の治安を守ったり
(合言葉が言えなかったり、無理に海域に入ろうとする余所者に対する攻撃が容赦なかったから、乱暴なイメージがあるのかも)

だ、だいたいこんなことを・・・勉強してきました
(間違ってるかもしれないから鵜呑み厳禁)

うん・・いつも忍たま関係で博物館行くときは
「あっこれ忍たまに出てきた!」
「あっこれ忍たまっぽい!」
ていう軽い感動を得ることが最大の目的なので新しい知識とかあんま身につきません
こんなことではいけない



だがそんなことより瀬戸内海だ!
テンション上がるペン!

お土産に村上水軍グッズや海の幸を大量に購入して、
次の目的地、因島水軍城を目指します。
因島までは船で約一時間。
船に乗るため港を目指すのですが、
予定していたバスに乗れなかったため歩いていくことに。

快晴で、とにかく暑かった!
旅行のためにとせっかく買った帽子を家に忘れてきたペンギンは、
村上水軍旗印タオルを頭にかぶって歩きました。
怪しい格好だったけど全然人いなかったから問題はない



島の風景・・・素敵です




なんか駅から大学までの道のりに似てる・・・

それから、さすがは愛媛、柑橘類の農家が多いようで
至る所にみかんっぽい果物の木がありました。



みかん見えるかな・・・?



みかん運搬用のトロッコ?



みかん落ちてる・・・・



村上水軍マンホール


しんべヱ「あつい〜おなかすいた〜ぼくもう歩けないよ〜〜」

きり丸「がんばれしんべヱ!もう少しで第三協栄丸さんの海だぞ!」

乱太郎「あっほら、海が見えてきたよ!!」




船着場まではだいたい20分くらいでした。





待合所の雰囲気がまた良い感じ・・・



券を購入して船を待っていたら、地元の人と思われるおばちゃんがやってきました。
お客さんかなと思って見ていたら、船が着いたとき岸にあるアレ・・・
あの、昔の映画で男前が海辺にたたずむときに足乗せてるやつ(係船柱っていうらしい)
に、ロープをかけるお仕事をしているようです。

どこの港でも見られたのですが、
乗組員のお兄さんがおばちゃんにひょいとロープを渡して
おばちゃんが係船柱にそれを引っ掛ける一連の流れの慣れた感じがすごく良かった。

海の近くに住んで、1日何回かやってくる船のロープを岸にかける仕事・・・
一見ゆったりとした仕事に見えるけど、
忘れたらえらいこっちゃ、おちおち昼寝もできないし、朝寝坊もできない・・・
けっこう大変そうだなあと思いました。

次の記事で出航〜

 
comments(0) | trackbacks(0) | 忍たま
スポンサーサイト

- | - | -
<< 忍たまツアー2014夏 in愛媛〜しまなみ海道 その五 | TOP | 忍たまツアー2014夏 in愛媛〜しまなみ海道 その三 >>
Comment








Trackback


RSS1.0 : Atom0.3 // graphic by ONSHINFUTSU
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.